2018年 美少女ゲーム 感想・総評などようこそ実力至上主義の教室へ 感想

2019年01月13日

スワローテイル 体験版 感想




2019-01-21 (1)



 NIKO  スワローテイル 


 官能的なグラフィックと、爽やかな音楽が特徴的。

 みずみずしい青春時代を感じさせるようなメーカーですね。

 ちなみにゴールデンアワーもそうだったんだけど、途中下車形式で終盤は超展開が多い。(悪魔との契約みたいな)。


 テキストは淡々としてる感じ。
 くどくはないです。瑞々しさがウリ。


 OPが素敵。



 ストーリー


 大学編がメインで、惰性的に生きてるところに、昔死んだはずの恋人からメールが届く。

「屋台の仮面を盗みに行こうよ」




 Character



 主人公

 桜ヶ丘 翔

 秀才系主人公。
 恋人をかつて失って未練あり? 
 幼馴染である理恵となし崩し的に恋仲らしいが、偶然死んだはずの彼女からメールが届いて・・・?


 ヒロイン


 茂庭 優華 (もにわ ゆか)

 
 主人公が高校時代付き合っていた子に似ているらしい子。
 
 あれ? この構図、ゴールデンアワーでもあったような・・・?

 
 こいつの私服だせえw


 上杉 理恵 (うえすぎ りえ)

 現在の彼女。
 絶対こいつ噛ませ。


 五橋 紗江子(いつつばし さえこ)

 美人。人気女子。


 芋沢 えりな (いもさわ えりな)


 歌の活動をしている子。ニックネームが芋。


 葉山 架純 (はやま かすみ)


 アパートのお姉さん。
 主人公と飲み友達。どう考えてもNTRチックなフラグが立ってる。


ーーーーーー


 片平 優菜

 
 たぶん死んでるから(?)サブキャラなんだろうけど、
 物語の根幹に関わってくるであろうヒロイン。



 感想


 プレイ時間は3Hくらい。

 ギャグ要素は薄いので、そういうのには期待しない方がいい。
 制服の立ち姿とか自然でいいね。妙な乳袋が誇張されてない分、違和感を覚えない。演出が輝いてる。
 ストーリーの流れとしては、現在と3年前の出来事が交互に繰り返されていく感じ。

 正直ゴールデンアワーと構図が似てるんだよな(元恋人に、茂庭がどことなく似てるところ等)。
 これで研究室の教授が悪魔とかそっち系の人だったら、まじでそんな変わってねえじゃんっていうね・・・。

 気になったのは、タイムリープを匂わせるようなフラグがいくつかある。
 主人公が地元に戻り、お面被った彼女(誰かは分からない)と会うとこで終わったので、ほんとに展開次第。(未来ラジオみたいになったら終わりそう)

 まぁ十中八九、今付き合っている彼女は当て馬でしょうねえ。そんな気しかしない。






ryushlol at 00:24│Comments(0)エロゲ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年 美少女ゲーム 感想・総評などようこそ実力至上主義の教室へ 感想