narcissu ーナルキッソスー 感想親愛なる孤独と苦悩へ 感想

2019年06月02日

抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?2 体験版感想

   

『抜きたし2』 体験版 感想

 抜きたしシリーズ2作目。

 青藍島と呼ばれる強制SEX! な島でそれを嫌うマイノリティ集団が反旗を翻すために奔走していくお話。

 ストーリー:
 
 前作のグランドエンド後、(ドスケベ条例を改革したところから)主人公こと橘・淳之介が、シコってたら、偶然家にやってきたSS3人組と共にまばゆい光に包まれ別世界線に行く感じ的なところからスタート。

 正直いって前作で話は完結してるので、続編というよりはFDに近い。
 IF世界だから金色ラブリッチェFDみたいな感じだと捉えてればいいと思う。

 内容は本編とアフターがちょっとついてる。(本編は分量的にはかなりある。恐らく共通ルート部分がほぼまるごと入ってるのでは?)


nukitashi 2

 今作のメインヒロイン。
 冷泉院が想像以上のネタキャラ枠になってる。前作でもそんな節は出てたが、それをかなり押し出してるね。左右2人がめちゃくちゃまともに見えるレベルでぶっちぎりでひどい(階段が昇れない、起きれない、着替えれないetc)。
 そして糺川、ほんとに影が薄いな。


nukitashi 1


 新キャラも何人か増えてる。そしてバカっぷりは健在なことで。
 花丸とかいうクラスの委員長、いっつもアヘ顔してんな。
 個人的にそういう系はちょっと苦手なので、見るのキツかった。



 感想


 相変わらずぶっ飛んだテキスト。パロは満載。

 平易でシンプルな文に自分が慣れたせいかもしれないが、バカゲーにしては地の文が多くちょっとテキストを読むのがしんどく感じる時がある。
 
 一気にやりすぎると、ゲシュタルト崩壊みたいになって、下ネタテキストを見ても無心になってしまう。この現象はいったいなんなのか自分でもよくわからない。

 一つ言えるのは、程々にすすめていったほうがいいことだ。


 追記: 

 それぞれのアフターも入ってたけど、30分もかからないで終わるようなものばっかだった。
 本編もそんなない(恐らく1時間~2時間前後)だろうと思われる。










ryushlol at 21:55│Comments(0)エロゲ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
narcissu ーナルキッソスー 感想親愛なる孤独と苦悩へ 感想