流星ワールドアクター メルルート 感想流星ワールドアクター 小町ルート 感想

2019年07月26日

流星ワールドアクター シフォンルート 感想



 コメディ枠シフォンの感想。
 

World CIPPHON4




 
 貧乏武士っ娘シフォン。
 体験版では2章でメインヒロインとして活躍。


 街中で病気の親子に金貸して詐欺にあい、家賃を払えなくなってしまったところで一緒に同棲することに。メリッサ・シフォンとの掛け合いメイン。完全にコメディ。


World CIPPHON2


 寝相の悪さがここにきて・・・壁にローリングアタック炸裂。
 元々種族的に寝相が悪いらしく、相当強めの睡眠薬服用しないとだめなレベルらしい。
 てか、このCG良いな。

 しかしヴァースからもらった睡眠薬でもダメらしく、壁に穴が開く日々。快眠の為に奮闘する。
 結局興奮剤とやらを飲み、なし崩し的な感じから恋仲関係へ発展・・・。


 そんな矢先、デルーガ出現。


 World syphon


 体験版でちょろっと出てきた2人組。
 やはりデルーガは人為的に作られたもので、それを使って定期的に共和国を襲っている模様。
 そしてシフォンがデルーガ討伐を目標に向ける中、セグイット族のフラノス国の王様サザーランド国王が来日するので警備が厳戒態勢に。

 
World CIPPHON3

 
 国王を見ているとデルーガが出現。
 なぜかシフォンが持っていたのと同じ武器を持っていた国王から借りて打倒。(血筋の下りがどうらたら言ってたがあんまり覚えてない)
 国王から共和国のセグイットを使い、デルーガ討伐隊の組織を作ってみてはどうかと打診される。
 それで組織のリーダーになって終わり。 


 エロシーンは4。
 相変わらず結構エロが唐突に始まるのと、ここは薬を使ったタイプが多かった。


 感想


 これ感想としてどうなのって思うけど、特に言うことなし。くすはらゆいが炸裂してるとだけ。
 正直シフォンのバックボーンみたいなのが薄いから話に奥行きが深みがどうしても感じられなくなってたかも。シリアスは薄めだから気にせずやれる。
 プレイ時間は3時間弱。ここ一番短いと思う。
 
 70点


 









ryushlol at 21:56│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
流星ワールドアクター メルルート 感想流星ワールドアクター 小町ルート 感想