2019年02月

2019年02月26日

金色ラブリッチェ ーGolden Timeー 感想



『金色ラブリッチェ Golden Time』


 シナリオ:さかき傘

 2017年に流行った金恋のFD。
 無印の方は飽きることなくやれました。
 体験版はまるまる共通ルートかな。ストーリーの内容に関しては以前書いたので割愛。
 
 分岐シナリオは無印と一緒で、初めに選択するタイプ。
 選べるのは新ヒロインの城ヶ崎とミナ。

 テキストはいつものようにシンプルでかなり読みやすくなっています。この人の作品やったことある人ならわかると思う。(ト書きがかなり端折) 
 ちなみに日常にはエロネタとディープな性癖ネタが盛りだくさん。
 パロディっぽいのもあって、中々面白い。(最近の流行っぽいネタもあったので、SNS見てない人は分からないかも)
 

 城ヶ崎絢華ルート


 前作で実は主人公と幼馴染関係を匂わせていた敵視系ヒロイン。
 仲良くなっていく契機としては共通ルートの勉強見る形から、色々と接点が増えていき……。
 彼女はホシテレビという巨大テレビ会社の会長の娘。自身も経営をお手伝いしているそう。

 前半は交流からの盗撮でフラグ構築。
 エルルートでもあった外出時の盗撮。けれど今回は女子で、城ヶ崎と何かと因縁があった相手。


 後半は、体験版でも若干匂わされていた実家問題。
 彼女の母親はいわゆる愛人。父親が権力者でアイドル女優などを入れ食い。そこで生まれたのが彼女。
 それで連れ子だった絢華も金持ちになったってわけで、彼女自身も元からの貴族ってわけじゃなく成り上がりタイプ。
 なので立場も弱く、彼女自身そこに引け目を感じている。

 そして後日、城ヶ崎母が金のためにスキャンダルネタを出版社に売却。もみ消しのために引き取られたのが過去の顛末。




・お家の為に結婚する展開からの主人公が救う王道ルート!!!

 お見合いを邪魔して帳消しにしろ!

 ・・・・・・ってのはなく、あくまでライトに進む。

 やはり起点となるのは理亜。恋心を覚えた主人公がヒロインの家にカチコミ!
 といってもドラマみたいな展開があるわけじゃなく、あくまで萌えゲーなのでそこは無駄に長いシリアスはなくコミカルに進んでいく。
 シルヴィルートの婚約一波乱騒動に近いかも?


 それでも『家』を重視している彼女に主人公は好きにさせてみせると決意。
 ちょっと大人な関係から始まるのもお家芸。
 関係性が普通の萌えゲーとは逆で、抜きゲーみたいな感じが続く。これ、苦手な人には無理かも。
 けど元々オチているようなものだから、そこは特に気にはならなかったかな。
 ぶっちゃけ前作からそんな気はしてたけど、ネタキャラ。

 実は、(っていうほどでもないか)『ぼっち拗らせ属性』。
 幼少期にいじめられてたのをこじらせすぎて、友達が何なのか曖昧になっている。
 Hシーン数は3~4回程。城ヶ崎の方が色欲体質なのもあって、何かマニアックめなのが多い。
 尻にペン入って抜けなくなって……のシーンとかマジで笑う。

 最後はタイムリーなバレンタインで〆。


Loveriche2


 APPENDは(イチ君が主人公とバレる)IFの世界なので、メタ用語、ご都合展開満載。


 ミナルート


 シルヴィの妹。 
 完璧主義の銀髪お嬢様が今回メインに昇格。
 初々しいミナちゃんを愛でるゲー。
 冬休みから周りに促されてインスタントパーティ。
 シルヴィアお姉さまを愛でる会に入り、仲良く進展してフラグ構築。
 けれどお嬢様は恋愛には疎いので、教えていくという形で仲を深めてく。

Lovericche mina 1

 So Cute.

 こっちがイチャラブ重視の段階的に恋愛していう王道の萌えげーって感じ。



 旧ヒロイン。


 FDなので旧ヒロインはおまけ程度。
 Hシーンはそれぞれ1回(理亜除く)で、ストーリーとしてもそれぞれ30分から1時間ほど。
 ほとんどHシーンに割かれているため日常は大した話はない。



 マリアルート


 他の全部終えると開放される裏ルートであり、Trueルート。
 これはほんとにIFルートだと思った方がいいかもしれない。
 無印好きだと、えーってなる人いるかも。


 要約すると、グリーンフラッシュ(超絶珍しい夕焼け)見て、病気が進行したかと思ったら実は妊娠してて、ソルティレージュで療養して、最後には母娘生存END。


 無印のあのカッコいい流れを水泡に帰すだけなんだから、
 ぶっちゃけこれいらなかったんじゃね……? そう思わざるをえない。理亜生存ENDみたいって人にはいいかもしれんが、個人的にはこっちが正史扱いされて、無印が可哀相になるからAh...って感じになる。



 感想:

 まぁ、FDとしての要素は申し分なくたんまり詰まっていたんじゃないかと。
 新ヒロインも城ヶ崎さんの方はネタ感を感じさせたものの、ミナちゃんはしっかり丁寧に描かれていて良かった。
 そんなだるくなるようなシーンもなく、緩急しっかりつけられていて面白かったです。



 最後に一言。
 ミナちゃん最高、、、

 


ryushlol at 18:05|PermalinkComments(0)エロゲ 

2019年02月18日

夢と色でできている 体験版感想


 簡単に書き留め。


 Feng 最新作。

 数年前から公式に挙がってたような気がするけど、とうとう発売するとのことで。

 フルプライス作品は、星空へ架かる橋以来?

 原画:Karory

 シナリオ: なかひろ 

 代表作は、『星空のメモリア』『アストラエアの白き永遠』。

 あんまりこの人のはやったことないのでよく知りません。ファンタジー系が多いのかな?

 
 ストーリー

 子供の頃に、主人公が幼馴染ヒロインズといたグループ「地球防衛軍」のメンバーだった子が転入してきて、再結成して部活を作り悩みを解決していく話。・・・という、一昔前に流行ったようなストーリープロット。 


 体験版は、妹の恋に付き纏っているストーカー問題を解決していくといっても、コミカルな内容なのでくらくはない。


 キャラクター


 メインヒロインは5人と最近にしては多めか。
 
 以下、簡単紹介。



 飛鳥井 姫色 (あすかい ひいろ)


8thicona1



 ちょっと電波でアホっぽい。周りを無理に引っ張っていくおバカキャラ系。
 幼少期、馴染みグループのリーダーだった1人で過去に固執している。

 性格は天真爛漫。

 アダ名は「ヒーロー」




 黒羽 かもめ (くろばね かもめ)



8thiconb1


 コスプレイヤー。
 寡黙だけど頼れるクーデレ系。と思ってたけど裏で暗躍してたオタク系。中二病。
 アダ名は「ブラック」



 乙原 恋 (おんばら れん)

 
8thiconc1



 主人公と暮らしている世話焼き妹枠。血は繋がってない。学園では普通に接しているらしいけど、お兄ちゃんLOVEが滲み出ている。
 主人公に対する好感度はかなり高め。





 刻乃 雲 (ときの くも)


8thicond1


 ぼんやり無口系ヒロイン。体験版では出番少なめ。




 七夕 紫織 (たなばた しおり)


8thicone1


 1つ年上のお姉さん。実家がVIP。




 あとはここにサブキャラが数人。
 お付きのメイドとか、小学生体型の学園長とか、良き隣人を体現したような男友達とか濃いめのキャラがいる。


 感想:


 プレイ時間は2H~3Hほど。
 話のテンポはよく、サクサク進んでいくので、だれたりすることはすくないと思う。
 テキストも平易で読みやすい。
 このままの流れでいけば、そこそこなキャラゲーになるんじゃないかって感じ。
 多少、伏線っぽい何かを匂わせるような描写もある。(過去の防衛軍解散の顛末等)
 個別に入って、唐突な型破りシリアス展開とかはたぶんない。(そんなのしないでほしい)
 75~80点くらいの萌えげーを求めている人にはいいと思う。キャラも色々なセリフがあり、立っているので声優好きにはたまらないんじゃないだろうか。

 本当に元々計画されてから何年も時間が経っているせいか、一昔前の学園ものエロゲーのようなテンプレ感が満載。

 あとキャラ絵が幼少期と現在とで顔の形が明らかに違うのが、ほんと違和感凄かった。子どもの頃、めっちゃ横にふっくらしてんのに今スリムになりすぎやろ。整形かよ。
 あと言うなら主人公映ってるCGあるんだけど、目がカメレオン? 爬虫類っぽくてちょっと気持ち悪かったかも。

 











ryushlol at 05:08|PermalinkComments(0)エロゲ 

2019年02月14日

最近、奴隷キャラが流行っているらしい。


 最近、奴隷属性のヒロインが流行っているらしい。
 
 確かに思い返してみると、昨今の異世界系アニメにはそういうのが多く見られるように思う(そういえばエロゲに奴隷愛でるってのがあって、かなり売れてたよね )

 最近は男女平等と謳いながら、実際はただの成り上がりが見られるせいか男の立場が追いやられているような感じがする。

 その抑圧された感情が、こういった場所で形を変えて出てきてて、それがみんなに心のどこかで納得しているからウケているのだと思った。

 後は元々男ってのは本能的に支配欲が往々にしてあるもので、最近は『個人の確立』という形で、それが薄く、発揮しづらくなっているからというのも関係しているんじゃないだろうか。








ryushlol at 02:12|PermalinkComments(0)書き殴り場 

2019年02月04日

ソーサレスアライヴ 感想


 メーカー:Florite

 なろう版 異世界ファンタジーストーリー。

 異世界に入った主人公(高校生)が、新しいセカイで1から頑張っていくストーリー。

 話はソーサレス編とアライヴ編の2つに分かれている。


 ソーサレス編


 なろう小説のような序盤のありきたりなラッキースケベの連続に対して、どう乗り切っていくか(プレーヤーが)がポイント。

 ここを堪えられたら異世界でレイヴっていうよくわからない競技をやっていくんだけど、ここもなんといえばいいか、別段特筆するような架空スポーツとしての(あおかなとか)面白さがあるわけでもなく……いまいち盛り上がりに欠ける。
 理由としては、説明、用語なども曖昧なままで、キャラが今どういった動作をしているかというのが分かりにくいからだと思う。

 ソーサレス編のプレイ時間としては、共通ルート3時間。

 個別が2.5~3時間x4キャラくらい。


 個別ルートの雑感としては、全体を通して展開が似たり寄ったりな場面が多いって思った。
 試合の決勝戦までの順番も同じで、主人公が誰に重点を充てるスポットが変わってるかくらいだから、真新しさがなく、一気にやるとダレる可能性アリ。

 アキナルートとミアルートはおおよその構造は似てた。
 話すら覚えてねえ。

 アズーリアは婚約の腹いせで不買運動ってのがちょっと斬新だった気がする。(それでも異世界モノとしてはまぁよくある展開なのだろうか? あまりそういう系統のを読まないから知らない)

 その後の流れは現代知識ドヤァァァ! を決め込む。(大体よくあるやつね)

 レイヴでの戦いの大すじが決まってるから個別でも既視感の多いこと多いこと。
 レイヴの競技としての魅力もまぁ欠ける。何やってるか分かりにくいっていうのに尽きるし、ハラハラ感があまり感じられなかった。

 決勝戦までの流れも大体おんなじで、SKIPしたくなるような退屈さがある。
 ユズリハだけちょっと種族が魔族とかいうので周りから敬遠されているせいか、毛色が違ったかなくらい。


 テキスト:

 とにかくWeb小説っぽいオタク系主人公がダサく鼻につくのが気になる。
「え? 異世界きちゃったよこれ」みたいなノリ。ほんと辟易する。

 あと、女性優遇みたいな設定とかは辞めたほうがいい気がする。
 現実味なさすぎだし、まじで後々になって、どこかでボロが絶対に出ると思う。


 アライヴ編


 プレイ時間7時間前後。

 個別全クリア後に突入。
 裏ルートでありTrueルート。こっちで、異世界の真相解決などが行われる。

 流れとしては、レイヴ決勝戦開始と共に迫害された魔族の落とし子らによるクーデターが勃発。

 この異世界の種明かしと、誰が裏で暗躍していたかなどの真実が語られる。



 感想:


 もっと見せ方をうまくすればと思わざるをえない。
 クーデターとかいきなり起きるもんだけど、もうちょっと演出ほしかった。
 あと主人公の地の文がちょっと……気持ち悪いです、はい。これはもうちょっとましにならなかったものか。
 何度も言うけど序盤のレイヴ編が受け入れられるかが鍵を握ってる。
 急にでてくる王女側近のヴィクトリア、お前はんぱないって。

 主人公にあるのはループではなく、未来視。今まで見たのはシミュレーション。

 実は転生ではなく、最初の現実の方で隕石が降って理性を失った『ゾンビ人間』だらけの終末世界(HOTD)になっており、そこから800年後がソーサレス編の世界。


 クーデター起きてる割にノリが軽すぎやしないか……後ラストバトルもうちょっと演出入れ込もう。
全ては幼馴染の美由紀が不老不死の肉体を得たことにより、狂気の享楽として作り出した魔法世界。
それを至った理由は主人公の狂気の純愛。


 総評:

 序盤がほんとつまんなさすぎて、後半まで持てるか否か。
 といっても、アメグレみたいに震えるような伏線があるって訳じゃなく、あー、なるほどねみたいな感じ。
 段々面白くなってきたな・・・なんて思うことは少なく、「あっ・・そう」くらいにしかチープな感想を抱けなかったのは、恐らくシナリオのメリハリがよくなかったからだと思いました。

 まるで後から無理矢理そういう設定で繋ぎ合わせたような・・・。

 同一世界で言語が消えてたり、ジャムがないの? え? みたいな展開はあるけど、まぁ全体を通すと、ほどほどじゃなかろうか。

 73点。
 良作にはちょっと届かないかな。






ryushlol at 20:15|PermalinkComments(0)エロゲ 

バードボックス 感想


 NetFlix 作品


 Youtubeでそういう目隠し運転など危険な遊びが流行っているというニュースを見て、興味本位から視聴(危険などで絶対にやめましょう)



 簡単STORY


 謎の天災により人口が減少して5年のセカイ。

 外を見ると、”あれ”と呼ばれる謎の怪奇現象が起きて人間の精神を苛むらしく、だからみんな外では目隠ししている。

 主人公は30代の女性と、その子ども2人。ひたすら川を降りていく現在と5年前の過去が交互に綴られていく。

 終始ヘビーな雰囲気が続くので、そういうの嫌いな人には向いてない。人がどんどん”あれ”を見て自殺していったり、こっちのセカイに引きずり込もうとしたり……。

 当人の精神状態によって、あれを見た場合に影響が違うらしい? (心に闇を抱えているとそこまで影響を及ぼさない。純真な人間ほど自殺する)



 感想:

 まぁ、ちょっと分かりにくいかもしれない。スリラー、ホラー目当てとしては微妙。




 ヒューマンドラマ寄り。






 



ryushlol at 14:00|PermalinkComments(0)