2019年06月

2019年06月27日

クロスコンチェルト 体験版 感想



『クロスコンチェルト』


 メーカー:あっぷりけ


 クラウドファンディングにて4000万近く集めて作られたあっぷりけ10周年記念にして最終作。
 ジャンルとしては、伝奇モノ? なのかな。
 忌み子扱いされている主人公と、姫扱いされている妹・八重垣瑠璃が、新しい場所で色々な人と出会っていく話。

 いわゆる田舎の風習が強い村生まれの兄妹。
 主人公は生まれつきの理由で右手が義手らしい。
 妹も何か白髪碧眼で、片目だけは隠している理由アリ。(未来視)


crossconcerto_capture_20190626_110320

 妹との出会いのシーンからスタート。塗りが綺麗でいい。特に瞳の色。
 

 ゲーム内SS機能搭載。
 レイルロアもあったけど、あっちはテキストが自動で消されてたからこっちのが個人的に好き。

crossconcerto_capture_20190627_085634


 妹のメイド・鏡花。
 先祖より代々続いている家来の家系的なアレ。
 というよりこいつの髪の毛なんか激しく空中浮遊しててめっちゃ気になる。


crossconcerto_capture_20190627_090538

(妹から決まった時間に宝くじを買うよう言われ、同じ寮に住む透子さんに問い詰められるシーン)

 妹は未来予知の力があるらしい。(体力は消耗する)
 けれどこれは世界線の一つを覗き見るみたいな感じであくまで確定ではない。
 主観で見ると未来との記憶が混濁してオーバーヒートするらしい?
 客観で見ると、その人の色眼鏡で見ることになるため、あてにならないそう。


crossconcerto_capture_20190627_091713


 立ち絵に若干違和感あるのは気のせいか? (瑠璃の考え込むシーンなど、顔が角ばってる感が凄い)


 
crossconcerto_capture_20190627_092920

 
 最初はクラスの仲間たちと打ち解けていく。 
 かなりの登場人物が最初から出てくる。


crossconcerto_capture_20190627_110152


 西条家は主人公との遠縁。

 話の流れとしては引っ越し先への挨拶、買い出し、学園などの導入部、友人の自殺の謎を止めるくらいでいいのかな。
 西条さんと付き合って、エッチして、月日が経って、田舎帰ったら妹が死んでて終わった。
 なにそれと思うかもしれないが、ほんとなにそれってこっちがいいたい。

 な、なんというぶつ切り感・・・。続きが気になるどころか、『えっ?』って脳内にはてなマーク終始浮かんでいた。


 感想


 文体はとても読みやすく、スラスラいける。
 主人公の性格は歳相応で淡白だが、若干達観気味か。
 軽薄な感じはなさそうだし、気持ち悪さみたいなのはない。
 


 






 

ryushlol at 09:02|PermalinkComments(0)

2019年06月22日

恋愛借りちゃいました 体験版 感想



『恋愛、借りちゃいました』

 メーカー:Asa Project

 原画:    夕凪セシナ , 結城リカ , 冬壱もんめ
 シナリオ 八日なのか

 プレイ時間1時間前後。


 ギャグメーカー。

 楽しむ時のコツは設定などについて深く考えすぎないこと。(これ大事)


 今回はラブコメで今流行気味のレンタル系(しかも男側)。
 人材派遣として働く主人公が、利用しに来たヒロインと仲を深めていく感じ。 
 マガジンでも連載されているラブコメ漫画・『彼女、お借りします』の逆バージョン?
 
 関係性はちょっと豊富で、愛人だったり、友達だったり色々あるらしい。
 ここは前作の『借りぐらし恋愛』のパターンを踏襲してるように見られる。



karigurashi1


 ヒロイン:瀬川絵未(右)

 この子とは、彼氏のフリで関わっていく感じ。見栄っ張りのポンコツタイプ。
 友達に彼氏自慢してるけど、ポンコツ気味なところが面白い。あと顔芸が豊富。


karigurashi3


 天満八純 (てんま はすみ)

 アウトローお嬢様系。
 主人公が瀬川と初デート時に撮った写真を見破られる。
 友達になって欲しいらしい。全然ここの描写なかったから何とも言えない。



karigurashi2


 泉姉妹

 お兄ちゃんが羨ましくてレンタルサービスを利用する。
 姉はツンデレ。妹はぐいぐい系。

 

karigurashi4


 空路 椿

 ゲーマー予備校教師。
 30手前で愛人になってほしいと頼まれる。
 ゲーマーなだけあってかなり二面性が激しい。


 主人公の関係が結構複雑かも? 
 サブキャラも多いせいか、初見だとちょっと分かりづらい。

 レストランバイト → 泉こなつ、瀬川、オーナーに教師の従姉。

 学校 → 天満、瀬川。

 予備校 → 教師、泉ちなつ。


 感想

 終始明るめの雰囲気。
 最近はシリアスは嫌われる傾向だし、笑える萌えゲーというコンセプトをきっちり明確にしている。
 主人公もめちゃくちゃ金にがめついが、まあそこは訳あるし、くよくよ系よりは全然いい。
 妹も兄想いでいい関係性が築けている。
 好きなキャラとか気にいる展開がいればいいと思う。
 天満ちゃん一番可愛いのに出番少なくてショック。 

 7月激戦区だから勝てるかは微妙そう?

 

ryushlol at 00:29|PermalinkComments(0)エロゲ 

2019年06月13日

レイルロアの略奪者 体験版 感想



【レイルロアの略奪者】

 メーカー:3rdEye(過去作:幻想のイデア、ソーサリージョーカーズなど)

 原画:蒔田真記

 シナリオ:四万十川清流 , 不死鳥

 3~4年ぶりの新作。
 ジャンルはいつもの異能バトルサスペンスファンタジー。
 主人公もいつものごとく複数のマルチザッピング? 形式だと思われる。(交互に分かれて謎に迫りつつ、最後は協力して黒幕を倒すかんじ)

 プレイ時間は3時間弱。Hシーンなし。(その割に容量は3GBオーバーでインストール有)

  
 ストーリー:

 警察組織の主人公たちがどんどんレイルロアという都市に潜む不正を暴いていくお話。
 序盤は大体の世界観説明と、事件(異物の不法売買)の話、ミスティクスという噂などなど。



 異世界ファンタジーのような世界観を堪能しよう!

 ギルド、能力(デュナミス)、二線級保安派遣(ウォーカー)、略奪者(スナッチャー)、異物(レリック)、ディッパー・・・などといったたくさんの用語が出てくる。

 まあそれに関しては追々分かっていく感じなので、まずは雰囲気を味わうことが大切でしょう。
 中世ヨーロッパをモチーフにしたハイファンタジー。
 酒場、カジノなどなど色々出てくる。
(この手のタイプ既視感すごすぎて、もう異世界ファンタジーと同じにしか見えない)


 raillore


 レノ&ティルト サイド  ここが体験版のメイン。


 2人は『保安統制騎士団』という治安を守る警察みたいな組織の実行部隊。
 街の依頼を遂行していきながら、裏で行われている大きな事件に関与していく流れかな。


 レノは基本無感情系機械キャラだが、略奪すると性格が脳筋に豹変する。
 うーん、ここは好み分かれそうだなあ・・・。
 初見で見た時は「お、おう・・・」って周りのノリについていけない人みたいな感じになった。
 ティルトは食いしん坊の武士系。活発で正義感あふれるが時々ドジっ子の多属性キャラ。

 後やけにチンピラみたいなのとかモブとの会話多い。


raillore2


 豊富なサブキャラ。
 体験版時点でも10人くらいいる。(上司、関西弁の酒場の女将、花屋の子供、同僚などなど)


 グラフィックは粗がないくらいものすごい綺麗(芸術的な意味で)。音楽もいい。
 前作みたいに、フェアじゃない君みたいな不快な要素も現時点ではほとんどない。
 だが――。

 重い!!

 とてつもなく重い!!


 演出がすごい力入ってるのは分かる。
 かなり動的でスタイリッシュに魅せていて、バトルものとしてはこういう盛り上がるシーンが大事にしたいのはすごく理解できる。
 だがそれの代償としてか、ものすごい重い。CPU:i5-9600のメモリ16GBでもおもい。
 ゲームエンジン的なものに限界があるのでは?


 感想

 会話劇を中心としたテキストで、サクサク進められる。
 説明もくどくないので、だれないのは大きい。
 ギャグなんかは動作が重すぎてテンポが若干削がれる感じはあったが、まあ楽しめる。
 というかこのゲームサクサク動く人いるの?
 

 ついでに顔がアップにされすぎ。1クリック毎に切り替わり激しすぎて気持ち悪い。

 追記:

 なんか既視感あるなと思ってたら、結構ワールドアクターと被ってる部分があったからか。


 おしまい。


 



ryushlol at 16:34|PermalinkComments(0)エロゲ 

2019年06月08日

DEAD DAYS 体験版 感想


 軽くやったけど短すぎてSS撮り忘れた。
 プレイ時間1時間前後。

 目覚めたら拉致されてて、よう分からん化け物を倒さないと死ぬデスゲームの導入の説明と、ここに至るまでの経緯が描かれる。

 某SF漫画と設定がかなり近しいらしいが、生憎読んでないのでわかりません。ごめんなさい。

 とりあえず化け物狩ると性欲暴発みたいなエロゲチックな要素と、グロっぽいのが混ざってる感じはあるが、あまりにも短すぎて何も言えん。

 主人公が結構サイコ気質でクズなので合う人じゃないとムリ。

 後、ヤンキーに喧嘩売って~云々みたいな流れは鉄板なんだろうか。
 最近はSNSに移行して、アウトローなイメージがあんまりない。
 まだ都会じゃいるんかねえ。


  

ryushlol at 19:39|PermalinkComments(0)

2019年06月03日

親愛なる孤独と苦悩へ 感想



 『親愛なる孤独と苦悩へ』


 元々は有料で販売される予定だったらしい同人ゲーム。
 現在は作者急逝によりフリーとなっている。URL 

 内容は、悩める若者たちが、カウンセリングを通じて心を修復していくお話。
 その人の内面に深くまで向き合うので、心理学系が好きな人にはいいんじゃないかと思う。
『Re:LieF』だっけ? あれの最初にあった社会復帰プログラムなのを深く掘り下げた感じをイメージしてもらうと近いかもしれない。

 正直エンタメ要素は薄め。


 4章構成。

 1章は教育実習生の話。

 2章は就活前の大学生ゲーマーの話。

 3章は絵描きを志した学生たちの話。

 4章はカウンセラーの過去の話。


 プレイ時間は15時間~とフリーゲームにしては結構長い。
 フルプライス近くの量はある。


 いやあ、何ていうか4章はクソ重い。
 孤独感と絶望でどんどん追い込まれていっているのがありありと書かれて怖かった。
 じわじわと責められるのはメンタル的に読んでてもしんどい。
 相当イケるような気分じゃないときついし、「さて続きやるか~」って感じにはならない。
 途中からSKIPしちゃった。もうちょっとメンタルいい時にやれたらなと思う。



 しんどかったところ:

 ノベルゲームって余韻を出すために無言シーンがあるじゃん。間をとる感じの。
 まぁそれは個人的に別にあってもいいんだけど、エンターキー10回くらい押さないと次に進めない部分は流石にしんどい。表情差分変化あったがきつすぎる。
 後はBGMがないシーンが多いから眠くなるのと、テキストバックが1つ前の直近しか見れない。



 それを抜いても全体としてはかなりまとまってるし、魂こもってて良いとおもいました。











ryushlol at 12:35|PermalinkComments(0)