白昼夢の青写真 体験版 感想

2020年04月24日

9―nine― ゆきいろゆきはなゆきのあと 感想

  
 nineシリーズ、ついに完結...?


twitter_header






 最初は前3作の復習から。

 前作の最後にオーバーロードがどうとかで、プレーヤーが実は物語の最後のピースみたいなうんたらかんたらの説明。
 ソフィーティアの立ち絵も追加されてた。
 で、まずはノアの能力を知るために色んな枝(前3作)のノアとの絡みをシーン毎でちょっとずつ行動を変えていく。
 主人公が全部未来のこと知ってるから傍目からみてかなり不審……いや、格好良く見えるね、うん。


yukiiro3


 この猫の表情イイネ。


yukiiro4

 コス。
 翔が幻体を通して作ったコスだから、ノアの肌の感触とかがダイレクトに伝わってくるとかいう誰得シチュ? みたいなのあったが・・・。いる?

 なんやかんやで恋人になるまでの流れは早い。ていうか序中盤に凝縮されてる。

 で、肝心のイーリス戦はそこそこ熱かったけど、前作と比べてやけにあっさりしてるな? と思ったら、まだまだ序の口だった。
 後半パートもあるんすね。(前半6時間くらい)
 てか久々にえぐいCG見たな。1作目以来か?

//

 イーリスにやられ失敗した枝を捨て、別の世界線での2周目。
 翔の能力を、イーリスが数百年の時をかけてコピー。
 時空超越vs時空超越のスーパー超能力バトル開幕である。

 途中の翔のモラルの捨てっぷりがえぐい。諦めて、振り切っちゃってる。

yuki5


 完全に自己正当化の犯罪者になってて怖い。


yuki6
 

 そして与一と超能力殺し合い対決。
 ラストのvsイーリスは自分の目で確かめて。



yuki7


 最後のノアとの情事後のトーク、ここ数ヶ月で一番刺さったわ。
 今度、TENGA買お。



 感想

 総プレイ時間:8H~

 イーリスを倒すためにみんなが結託していく王道物語はやはりいいね。

 展開は序盤からかなりスピーディに動いたけど、中盤あたり失速気味で、んん? と思ったら、まだまだwkwkさせてくれて面白かった。

 いや、それにしても、途中の演出はしびれたね。びっくりした。

 死に戻り合戦だから、同じシーン使いまわしは我慢。

 ノアは厨二クーデレ属性持ちだが、前のキャラとかと比べるとちょっとパンチが弱いかも? 
 天(さわx3)が最強すぎただけか。
  
 因みにシーンは3つ。

 ぶっちゃけ全体通して規模は小さかったが(石化事件のみなので)、戦闘も萌えもしっかり抑えつつ完結させられているので個人的評としては80点! 

 これと作風が近いレイラインシリーズには及ばないにしろ、手を止めることなくやれたってのはでかい。
 最近テンプレ展開見ると目が滑るんよね、歳だから。
 ぱれっと良いの作ったね。ありがとう。

 やる価値はおおいにあるかと。

 最後に。

 一番ラストのシーン、一応フォローアップした感じだったような演出だったけどいらなくね?
 ま、まさかの続編示唆……?

 やっぱ79で。
 





ryushlol at 19:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
白昼夢の青写真 体験版 感想